新生交易の沿革と実績

1960年(昭35)

新生交易の前身である羽賀通商株式会社が設立(羽賀通商は、周恩来首相の談話 貿易3原則に基づいて、初めて日中取引を認められた二社のうちの一つの会社)            

1967年(昭42)

新生交易株式会社設立 資本金500万円

国内大手鉄鋼会社の鋼材輸出の窓口商社となる

1971年(昭46)

国内大手繊維会社の合成繊維輸出の窓口商社となる

1972年(昭47)

日中共同声明調印。日中国交回復。

1973年(昭48)

国内大手繊維会社のポリエステル重合プラント輸出成約サポート

1974年(昭49)

中国一般炭を我が国初として国内メーカーへ納入

1975年(昭50)

紹興酒の国内大手酒造メーカー向け輸入開始

1978年(昭53)

中国一般炭の長期貿易取り決め調印、輸入幹事商社になる

1980年(昭55)

北京事務所開設

1984年(昭59)

耐火物原料を国内メーカーにに納入開始

1986年(昭61)

中国大手鉄鋼会社向けに国内製鉄メーカープラントを輸出成約

1988年(昭63)

資本金4,800万円に増資           

1991年(平 3)

紹興酒「越国王牌」の商標を登録し、10年陳醸品を本邦初の輸入販売を開始

1994年(平 6) 

上海事務所を設立

1995年(平 7)

耐火物製造の合弁企業の設立に参加

国内機械車両メーカーと共同で、高所作業車製造の合弁企業の設立に参加

1996年(平 8)

上海に現地法人「維新貿易(上海)有限公司」を設立

1997年(平 9)

国内メーカーと共同で耐火物生産合弁企業の設立に参加

1998年(平10) 

国内造船所にプラズマ溶断機を納入

国内大手鉄鋼会社製製鉄設備を中国大手製鉄所に納入

1999年(平11) 

エアコン用溝付き銅管溶接ラインを輸出

2000年(平12) 

国内メーカー製造の昇降機を中国に輸出

2001年(平13) 

国内メーカー製造のスリッター輸出

2002年(平14) 

電解液等の資材を中国に向け輸出開始

粉末冶金関連製造設備、プレス設備、鉄粉の輸出開始

2003年(平15) 

中国大手鋼管公司向けカラーコーティングラインを契約

中国製鉄公司向けカラーコーティングラインを契約

中国製鉄公司向けカラーコーティングラインを契約

2004年(平16) 

中国企業向け亜鉛メッキ製造ライン成約

中国企業向けスリッター等を契約

フロアパネルの輸入開始

2005年(平17)

中国大手製鉄所向け圧延ロールを輸出          

2006年(平18) 

中国大手製鉄所向け圧延ロールを複数輸出

2007年(平19) 

9月 現代表取締役社長 小林学就任

2008年(平20) 

国内メーカー製半導体用連続焼成炉を輸出

2010年(平22) 

国内酒類卸企業向け紹興酒販売開始

2013年(平25) 

日本メーカー製リチウムイオン電池用攪拌機を輸出 

9月 本社事務所 中央区新川に移転

デンマーク企業より硫酸触媒を輸入、国内販売

インド大手鉄鋼会社向け水封型弁を輸出

国内メーカー製半導体用塗工機を輸出

2014年(平26) 

インドネシア向けロール輸出

2015年(平27) 

日中合弁企業向け圧延ロール輸出

2016年(平28) 

中国鋼鉄会社向け圧延ロール輸出